格安SIMの選び方と使用する時のポイントを徹底解説


SIMという名称をよく見聞きしますがSIMとは何か知らない人も少なくないでしょう。SIM、いわゆるSIMカードとは固有のID番号が記録されていて、携帯やスマートフォンの通信時に必要な電話番号を特定する為のICカードのことをいいます。

今回は格安SIMを購入して使用する時のポイントを中心に」紹介していきます。

 

① 格安SIMを購入する時に気を付けること
SIMの中にはnanoSIMやmicroSIMなどカードによって形状が異なるので、購入の際には自分の利用している端末とSIMカードの形状が合うかどうか確認する必要があります。また、OSのバージョンや利用端末機器によっては利用できないこともあるので注意しましょう。モバイル機器の多くは、初めから通信に関する情報を有するSIMカードは挿入されていますので、後々格安SIMカードを挿入するということであれば、キャリアショップでSIMのロック解除をしてもらう必要があります。WiFiモデルなど端末によってはSIMロックを解除することができないものもあるので、購入時に確認しておくといいでしょう。

② 格安SIMの賢い選び方
格安SIMはUQmobileDMMmobileなど複数社が販売していますが、自分に合ったSIMも¥を選ぶことが大切です。ネットで料金が安い、通信速度が速い販売会社を調べることもでき、性能についても各社でそれぞれ異なるのでよく見ておきましょう。

③ 格安SIMのメリットとデメリットとは
格安SIMというぐらいなので、まずメリットとして挙げられるのは料金の安さです。docomoソフトバンクといった大手キャリアのSIMカードは格安SIMと比較すると広告料や代理店への販売手数量、営業コストなどがかかるので金額も高いのですが、格安SIMについてはショップ展開をあまりしておらず、大手キャリアだとかかってくるこれらのコストを抑えることができるため金額が安くなっています。格安SIMのプランには電話をかけることが多い人向けの『音声通話プラン』と電話をあまり利用せずメールのやり取りが多い人向けの『データ専用プラン』があります。節約したいのであれば、月々のデータ通信量を設定や従量制という使用した分のみ請求されるタイプもある『データ専用プラン』がおすすめです。ただし、格安SIMは通信速度が遅いというデメリットがあります。これは設備投資にコストがあまりかけられない会社が多く、通信速度を増強することができないところにあり、大手キャリアと比較すると通信速度は劣るので、ネット通信をよくするという人は事前に確認しておくことが大切です。

④ Lineモバイルから出ている格安SIMについて
今では若者から年配の方まで多くの人のコミュニケーションツールとして利用されているLineですが、このLineを運営するLINE株式会社の子会社であるMVNOが販売しているLineモバイルからも格安SIMが出ています。LINEをよく利用するのであれば、LINEの通話やトークなどの機能が使い放題の『LINEフリープラン』があるのでおすすめです。また、LINE以外にもTwitterやFacebookなどのSNSで利用するデータがフリーになる『コミュニケーションフリープラン』もあります。その他に通話をよくする人にもうれしい10分電話かけ放題のオプションや、『いつでも電話』といったアプリもあり、自分に合ったプランを選びやすいのも魅力の1つです。ただ、他社の格安SIMと同様に通信速度が著しく低下する時間帯もあるので、そういった場合にはWiFiを利用することをおすすめします。Lineモバイルには、半年間月額料金が972円割引、Lineモバイルに家族や友人を招待すると3000ポイントがもらえるといったキャンペーンもあるので、キャンペーン期間中に契約するとお得に利用することができます。

まとめ
格安SIMは通信速度が遅いといったデメリットもありますが、自分に合ったプランを選びやすく、使い方次第では、大手キャリアのSIMよりも安く抑えられるので節約になります。格安SIMの購入を検討する場合はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。