格安SIMで家計に優しくスマホを使おう


 かつて、携帯電話と言えばNTTドコモKDDIソフトバンクといった大手移動体通信事業者と契約して使うものでした。
しかし、現在は

この大手3社の回線を借りて通信事業を行っているMVNO(仮想移動体通信事業者)が数多く存在します。

MVNOが販売・提供しているのが格安SIMと呼ばれるSIMカードです。
MVNOが販売・提供しているのが格安SIMと呼ばれるSIMカード

①そもそも、SIMカードとは?

SIMカードとは、スマホや携帯の電池パックの奥に装着し、使用するものです。
SIMカード1つ1つに固有のID番号が割り振られており、通信するのに必要不可欠で、これが入っていない本体だけのスマホ・携帯は何の役にも立ちません。  

サイズは3種類
・最新機種ではあまり使われない標準SIM
・主流となりつつあり、安い価格帯のAndroid機種で多く用いられているmicroSIM
iPhoneで積極的に用いられているnanoSIMがあります。

前者ほど大きく後者ほど小さくなります。スマホや携帯本体に装着できるサイズのSIMカードでなければならないので、
機種変更でSIMカードを変えないというのであれば、本体はSIMカードに対応したものを選ばなければなりません。

 

②料金の違い  

大手三社の携帯キャリアと比べても、格安で使うことができる格安SIM

大手3社とMVNOの違いは、何といってもその料金。
大手3社も携帯やスマホのプランにとどまらず、家庭でのインターネット回線や電気・ガス等とセットにするなどして非常に様々なプランを打ち出し抵抗していますが、
やはり「格安SIM」を使うMVNOの提供するプランはその名のとおり「格安」です。

プランによるので一概には言えませんが、MVNOは大手の1/3~1/4程度の料金で利用することができます

 

③「データSIM」「通話SIM」の違い  

アプリ通話をとるか、通常の通話を取るかで料金が変わってくる
契約するときに迷うのがデータSIM通話SIMどちらを選ぶかです。
それによって月々の基本料が違ってきます

データSIMとはデータ通信専用で、通話ができません。不便なようですが、通話アプリが存在するので、それを使って通話をすれば困らない…という人には安く済むので人気があります
しかし、やはり、相手がそのアプリを使っていなければ通話できないというのは不便、アプリ頼みなのは不安、という人には、通話もできる通話SIMです。

 

④人気のMVNOは?

BIGLOBE、LIBMO、DMMモバイル、楽天モバイル、UQモバイル、Y!モバイル…耳慣れたMVNOがたくさんありますが、
現在、MVNOは550社を超えています

どこを選ぶか迷ってしまいますが、データSIM通話SIMか、使いたい回線データ量支払い方法、その他選択することで、
自分にぴったりのMVNOやプランが出てくる比較サイトがありますので、利用することで候補を絞ることができます。
また、おすすめMVNOを紹介しているサイトもたくさんありますので参考になります。

自分が普段使っている会社に関係のあるMVNOを選べば、共通のポイントを貯めることができたりもします。
例えば、楽天市場を利用する人でしたら楽天モバイルを利用するとRポイントが貯まります。お得になるように、上手に選びましょう。

 

⑤MVNOのデメリットは?  

自分が「これは困る」というデメリットがあれば、MVNOを選ぶ際にきちんとはじいていくこと

大手の半額以下で使用できるMVNO、当然大手に比べて不便なことがあるのでは?と心配になります。
まず、データ通信や通話が途切れてしまうのではという品質が懸念されますが、これについてはまず大丈夫です
回線は大手の回線を使うので、品質については変わりません。

デメリットとして挙げられるのは
・クレジットカード決済のみの業者が多いので持っていないと契約できない
・大手キャリアが提供するサービスが使えない
・キャリアメールが使えない
・年齢認証ができないので年齢確認が必要なアプリでは不便なことがある
・家族割引・通話定額プランなどが少ない
・通信速度が遅くなりやすい
・故障や初期設定の際にサポートが受けにくい

などが挙げられます。しかし、これら全てが全てのMVNOに当てはまるわけではないので、
自分が「これは困る」というデメリットがあれば、MVNOを選ぶ際にきちんとはじいていけばよいのです。

 

まとめ  

いまやスマホは大人だけのものではなく、高校生なら必需品中学生や小学生でも持っている子は持っているものです。
しかも、一度買ったら終わりというものではなく、月々料金がかかり、家計への負担は非常に大きくなります
そこでありがたいのが格安SIM

大手の家族割や学割を使っても、やはり格安SIMには及びません。大手もMVNOも様々なキャンペーンをうたって顧客確保を目指しています
プランもキャンペーンも業者も様々で、選択肢は無数になります。自分が求める優先順位を先に決め、上手に利用して、家計に優しいスマホを手に入れましょう